メラニン色素を減らすには?【間違いだらけの美白ケア】

メラニン色素を減らすにはどれ?ビーグレン、アンプルール、ドクターシーラボを比較

比較 ビーグレン アンプルール ドクターシーラボ

ビーグレン 美白セット

アンプルール

ドクターシーラボ HC-119
金額 トライアルセット 1,890円 トライアルキット 1,890円 2,772円
解消タイプの成分 ハイドロキノン ハイドロキノン ハイドロキノン
予防タイプの成分
シムホワイト377
アルブチン -
肌への浸透性
高い
普通 普通
総合
予防タイプ成分で最も良いと言われるシムホワイト377を配合。 独自の浸透テクノロジーで肌の奥まで美白成分を届けて、直接メラニン色素に働きかける。
予防タイプとしてアルブチンを配合。 メラニンの生成に関わる酵素チロシナーゼの働きを邪魔する作用がある。 ハイドロキノン3%配合と5%配合の2種類あり。 ただし、ハイドロキノンは効果が高いため、刺激が強いので注意が必要。

予防&浸透性でビーグレンが有利!!

ハイドロキノンは水溶性で肌に浸透しにくいという特徴があります。 いくら良い成分でも肌に浸透しなければ意味がありません。 ビーグレンは国際特許になっている独自の浸透テクノロジーで、ハイドロキノンやシムホワイト377を肌の奥まで浸透させるので、他の化粧品よりおすすめ。