シミの原因であるメラニン色素を減らすには?

メラニン色素が生成される

シミの直接的な原因はメラニン色素です。

肌に紫外線や外部刺激が当たるとメラニン色素が生成されます。

若い頃は肌のターンオーバーによってメラニン色素が排出されますが、年齢とともにターンオーバーが遅くなります。

するとメラニン色素の排出が追いつかなくなりシミとなって現れてきます。

そのためシミの予防や解消にはメラニン色素対策が重要です。

メラニン色素対策のための美白化粧品には2種類のタイプがあります。

美白化粧品のタイプ
  1. 日焼けによるシミやソバカスを防ぐタイプ
  2. 出来てしまったシミやソバカスを解消するタイプ

厚生労働省が承認している美白有効成分は、1つ目のシミ・ソバカスを防ぐタイプのものです。

2つ目のシミやソバカスを消す成分としてハイドロキノンが知られています。

ハイドロキノンは皮膚科などで治療に使われていた成分で、出来てしまったシミを漂白する作用があります。

そのため、黒いシミを白くするという意味はハイドロキノンが最も効果的です。

以前は医療機関での治療でしか使われていませんでしたが、法律が変わって化粧品にも配合できるようになりました。

化粧品に配合されているハイドロキノンは安全な濃度に制限されています。

美白有効成分の働きとは

美白有効成分にはビタミンC誘導体、アルブチン、プラセンタ、コウジ酸、エラグ酸、トラネキサム酸などがあります。

これらの美白有効成分には以下のような働きがあります。

美白有効成分の働き
  • メラニン色素が生成されるのを防ぐ
  • メラニン色素の排泄を促す
  • メラニン色素を還元して白くする

美白化粧品選びでよくある間違い

美白化粧品を選ぶときによくある間違いは、美白有効成分の入った化粧品を使えばシミが消えると考えることです。

しかし美白有効成分の働きは、メラニン色素の生成を抑制したり、排出を促したり、還元するというものです。

メラニン色素を減らすという意味では1つ目の「防ぐ」タイプの美白化粧品を使えば良いです。

しかし、すでに出来てしまったシミをどうにかしたいという場合には、「防ぐ」タイプだけでは時間がかかります

おすすめは、防ぐタイプの美白有効成分だけでなくハイドロキノンも配合された美白化粧品を使うことです。



メラニン色素を減らすためにおすすめの化粧品

美白有効成分だけでなくハイドロキノンも配合された美白化粧品は意外と少ないです。

その中でも口コミで評価の高い美白化粧品を紹介します。

bglen

ビーグレンの特徴

ハイドロキノンは「肌に浸透しにくい」「酸化しやすい」「刺激が強い」という性質があります。

ビーグレンは世界特許になっている独自の浸透テクノロジー「QuSome」でこれらの問題を解決。

QuSomeにより肌の奥まで美白成分を届けて、直接メラニン色素に働きかけます。

価格 1,800
評価 評価5
備考 セット内容:クレイウォッシュ(15g)、QuSomeローション(20mL)、Cセラム(5mL)、QuSomeホワイトクリーム1.9(5g)、QuSomeモイスチャーリッチクリーム(7g)
ビーグレンの総評
予防タイプ成分で最も良いと言われるシムホワイト377を配合。 独自の浸透テクノロジーで肌の奥まで美白成分を届けて、直接メラニン色素に働きかける。

ampleur

アンプルールの特徴

アンプルール独自の新安定型ハイドロキノンを配合。光や熱に弱いというハイドロキノンの弱点を克服。

マイクロカプセル化することで肌に浸透しやすくなっています。

ゆっくりと浸透していくことで、一気に肌に触れてしまうことによる刺激を低減しています。

価格 1,890
評価 評価4
備考 セット内容:スポット集中美容液(3mL)、化粧水(20mL)、薬用美白美容液(8mL)、美容乳液ゲル10g、メイク落とし・洗顔料(パウチ各2包)
アンプルールの総評
予防タイプとしてアルブチンを配合。 メラニンの生成に関わる酵素チロシナーゼの働きを邪魔する作用がある。

ドクターシーラボ

ドクターシーラボの特徴

ハイドロキノンを低刺激で安定化することに成功。

さらなる効果を実感していただけるように、ハイドロキノンを3%、5%と配合することで、あきらめかけていたあなたの肌をピンポイントケアします。

価格 2,772円
評価 評価2.5
備考
ドクターシーラボの総評
ハイドロキノン3%配合と5%配合の2種類あり。

メラニン色素対策でビーグレンがおすすめ度No.1の理由

美白有効成分とハイドロキノンでメラニン色素をケア

ビーグレンは美白有効成分だけでなく、ハイドロキノンやシムホワイト377も配合さいています。

ハイドロキノンはすでに出来てしまったメラニン色素を薄くし、シムホワイト377はこれからメラニン色素が出来るのを予防します。


世界特許の浸透テクノロジー

ハイドロキノンは水溶性で肌に浸透しにくいという特徴があります。 いくら良い成分でも肌に浸透しなければ意味がありません。

ビーグレンはハイドロキノンやビタミンC誘導体、シムホワイト377といった美白成分を国際特許になっている独自の浸透テクノロジー「QuSome」により肌の奥まで浸透させることができます。

シミの元であるメラニン色素に直接働きかけることで、高い効果が期待できます。

ビタミンCは美白効果があるだけでなく、シワやニキビ、エイジングなど様々な効果があります。

しかし、ビタミンCは水溶性なので皮脂で覆われている肌に浸透しにくいのです。

通常の化粧品では、ビタミンCを浸透させるためにビタミンC誘導体として配合しています。

しかし、ビタミンCをビタミンC誘導体にすると、本来持っている効果が半減されてしまうのです。

ビーグレンはビタミンC誘導体ではなくピュアなビタミンCを配合しています。

浸透テクノロジーQuSomeにより、ピュアなビタミンCのまま肌に浸透させることができるからです。


初めてでも安心、365日間返金保証

最初はトライアルセットから始めることをおすすめします。

365日間の返金保証が付いているので、安心して試すことができます。

ただし、美白はどんな化粧品を使っても時間がかかります

最低でも1ヶ月、できれば3ヶ月くらい続けてください。

トライアルセットは自分の肌に合うことを確かめるつもりで始めるのがおすすめです。


このようにビーグレンは必要な成分を、必要な場所に届けることで高い効果が期待できるため、おすすめ度No.1です。


ビーグレンの口コミ

【カナ/35歳】
ネットの評判が良かったので最初はビーグレンの美白セットのトライアルを試してみました。
今まで使っていたコスメと比べて、浸透していくのがすぐに分かりました。
ハイドロキノンは刺激があると聞いていたので、ピリピリしないか心配でしたが全く問題ありませんでした。
トライアルを使い終わって、こころなしかシミが薄くなったような気がしたので、本商品に移って続けています。
シミが終わったら、エイジングケアセットも試してみたいです。
【スマイル/40代前半】
もし合わなくても返金保証が365日もあるので購入してみました。
ホワイトニング目的だったのですが、Cセラムを使っていたらニキビも良くなってきてビックリ。
ベタベタせず肌にスッとなじむので使いやすいですね。
美白の本商品も購入して3ヶ月ほど使ってますが、濃かったのがだいぶ薄くなり目立たなくなってきました。
【まーちゃん/20代後半】 SNSでよく見かけていたので、ハンズやデパートに行くたびに探していのですが、全然見つからず。
後でネットでしか変えないことが分かりました(汗)
トライアルセットが欲しくてAmazonを見たら、公式サイトの倍くらいの値段でした。これ、転売している人が出品してますので、気をつけましょう。
公式サイトで申し込んだらすぐに届きました。
その日のうちに使ってみたら「あ、浸透してる」という感じで、今までのものと全然違うのが分かりました。
トライアルの1週間では効果がわからない方と思ってましたが、なんだかワントーン明るくなったようなのでリピ決定です。
あくまで個人の感想です。

美白化粧品について

美白化粧品にはいくつかタイプがあります。例えば1つはシミを消す化粧品です。シミを消したい方にオススメです。また、シミを予防するタイプの美白化粧品もあります。シミを消す美白化粧品

ホワイトニングのアイテムで1つ選ぶとしたら何を選びますか?私なら美容液ですね。こちらのおすすめの美白美容液で上位になっているものが良いですね。おすすめの美白美容液はこちら

美白コスメには色々な種類やタイプがあります。例えば、シミを消す目的のもの、肌が弱い人のために刺激を抑えて作られているものなどがあります。間違った選び方をすると効果も得られませんので注意しましょう。 そのため、使う目的や自分の肌質などを考慮しておすすめの美白化粧品を選ぶことが大切です。

What’s New